MAR 25th RELEASE.

CD
NOV5RELEASE
●V.A.
『テクノにポップが付いた時代、そしてコンピューターは涙する』

規格番号:
MSIG 1372

価格:
\3,000(税抜)
\3,300(税込)

バーコード:
4938167023678

60〜70年代にかけてのシンセサイザーなどの電子楽器の登場は、機械的で冷たいサウンドを創り出すだろうと思われており、現にそれを意図的に具現化したクラフトワークのテクノが登場しました。80年代になりコルグ、モーグ、ローランドが手頃な価格で扱いも容易な電子楽器を続々と発売したことで、普通に感情表現を取り入れた叙情性溢れるポップなサウンド(テクノ・ポップ/エレクトロ・ポップ)を創り出すポスト・パンクの若い世代のミュージシャンたちも現れました。そんなテクノ黎明期のイギリスのアーティストの作品を集めた興味深いコンピレーション。ジョン・フォックス、トーマス・リアー、クリス&コージー(スロッビング・グリッスル)などのクラフトワーク直系のテクノ・サウンドから、ポップなサウンドで後にチャートを賑やかすことになるチャイナ・クライシス、シンプル・マインズ、ソフト・セル、ヒューマン・リーグ、OMDの初期音源、意外にもテクノなペイル・ファウンテンズなど全20曲を収録。解説: 安田謙一。


NOV5RELEASE
●ザ・プレジャー・シーカーズfeaturingスージー・クアトロ
『ホワット・ア・ウェイ・トゥ・ダイ』

規格番号:
MSIG 1373
価格:
\3,000(税抜)
\3,300(税込)

バーコード:
4938167023685

最近ではドキュメンタリー映画も制作され再評価の兆しがある元祖女性ロッカー、スージー・クアトロがソロ・デビューする前に地元デトロイトで姉、パティと友人たちで結成したガールズ・ロック・バンド、プレジャー・シーカーズが発表したシングル音源をすべて収録したコンピレーション。結成当初は女性だけのバンドのため先入観だけでステージでは敬遠されることもあったものの、アンボイ・デュークス、ボブ・シーガーらとのライヴを重ねることにより実力と人気を兼ね備えたロック・バンドとして認知され1966年3月地元のレーベル、ハイドアウトから発表した、後に女性最強のガレージ・バンドのシングルと評されることになるデビュー曲「ネヴァー・ソート・ユード・リーヴ・ミー」、その後マーキュリーと契約し発表した2枚のシングル、68年に妹のナンシーが加入しスージーのジャニス・ジョプリンばりの歌唱と、ナンシーのロバート・プラントを彷彿とさせるヴォーカルが絡み合いよりハードなサウンドを確立し発表した3枚のシングルに、ハイドアウト時代に録音されていながら当時は未発表だった2曲を収録。バンドはその後メンバーの脱退などで解散しスージーは渡英し成功を収めることになるが、それはまた別の話… 英文解説の対訳付。


2DVD+3CD
NOV5RELEASE
●フランキー・ミラー.
『ライヴ・アット・ロックパラスト』(2DVD+3CD)

規格番号:
MSIG 1374-8

価格:
\4,000(税抜)
\4,400(税込)

バーコード:
4938167023692

70年代を代表するシンガーで、日本ではロバート・パーマー、ジェス・ローデンと英国ブルー・アイド・ソウル御三家と評されたフランキー・ミラーのドイツの音楽番組『ロックパラスト』で放送された1976年6月、79年5月、82年8月のコンサートを収録したCD 3枚、DVD 2枚からなるボックス・セット。名盤『フル・ハウス』(77年)と同じ名前を冠したバック・バンドとのライヴを収録した1976年6月のライヴでは前年に発表した『ザ・ロック』から「ザ・ロック」「ア・フール・イン・ラヴ」「ドランクン・ナイツ・イン・ザ・シティ」をはじめ、アラン・トゥーサンの「ブリックヤード・ブルース」、ボブ・ディランの「悲しみは果てしなく」、ランディ・ニューマンの「セイル・アウェイ」のカヴァーなど12曲を収録。6作目『フォーリング・イン・ラヴ』発表と同時期の79年5月のライヴでは『フォーリング…』からタイトル曲、「パパ・ドント・ノウ」「ア・ウーマン・トゥ・ラヴ」、ヒット曲「ビー・グッド・トゥ・ユアセルフ」、そしてボブ・マーリーの「イズ・ディス・ラヴ」、ジョン・レノンの「コールド・ターキー」、チャック・ベリーの「リトル・クイニー」、ローリング・ストーンズの「夜をぶっとばせ」のカヴァーなど15曲を収録。8作目『スタンディング・オン・ジ・エッジ』発表と同時期の82年8月のライヴでは『スタンディング…』からタイトル曲、「ザップ・ザップ」「デンジャー、デンジャー」「エンジェルズ・ウィズ・ダーティ・フェイシズ」「ドント・ストップ」、ライバルでもあったロバート・パーマーがカヴァーした「バッド・ケース・オブ・ラヴィング・ユー」など15曲を収録。英文解説の対訳付。


CD
NOV5RELEASE
●ブリンズリー・シュウォーツ
『ライヴ・アーカイヴVol.3〜フローニンゲン1975』

規格番号:
MSIG 1379

価格:
\3,000(税抜)
\3,300(税込)

バーコード:
4938167023708

イアン・ゴム監修のブリンズリー・シュウォーツのライヴ・アーガイヴ・シリーズの第三弾。今回はバンドの解散直前の1975年5月オランダのフローニンゲンのライヴハウス、ヴェラ・クラブでのライヴを収録。「ユー・ビーン・チーティング」「スモール・タウン・ビッグ・シティ」「ダウン・イン・メキシコ」「ウィ・キャン・メス・アラウンド」「サレンダー・トゥ・ザ・リズム」「カントリー・ガール」「フックト・オン・ラヴ」「プライヴェート・ナンバー」「恋するふたり」など全16曲を収録。解説: 大鷹俊一。


NOV5RELEASE
●V.A.
『レイジー・デイ〜あなたの知らないトニー・パワーズ&ジョージ・フィショフ名曲集』

規格番号:
MSIG 1380

価格:
\3,100(税抜)
\3,410(税込)

バーコード:
4938167023715

豪ティーンズヴィルの新作はダーレン・ラヴ「カッコいい子が見つかった」「ホワイ・ドゥ・ラヴァーズ・ブレイク・イーチ・アザーズ・ハーツ」「マイ・ハート・ビート・ア・リトル・ファースター」、キース「98.6」、スパンキー&アワ・ギャング「レイジー・デイ」、ジェイとアメリカンズ「カム・ダンス・ウィズ・ミー」、エキサイターズ「ヒーズ・ガット・ザ・パワー」などのヒット曲で知られるブリル・ビルディング出身のソングランター・チーム、トニー・パワーズ&ジョージ・フィショフの知られざる名曲を集めたポップ・ファン必聴のコンピレーション。二人のコラボによる名曲21曲に加えトニー・パワーズとジョージ・フィショフが単独で書いた曲や他のソングライターと共作した9曲を収録。「レイジー・デイ」(ティンカーベルズ・フェアリーダスト)、「エイント・ゴナ・ライ」(ギャラクシーズ)、「ウィズ・ア・キス」(キキ・ディー)、「スウィート・ドリームス」(キース)、「98.6」(バイスタンダーズ)、「フーリッシュ・ハート」(マクガイア・シスターズ)、「アイム・ドリーミング・アゲイン」(レニー・ウェルチ)など30曲を収録。


3CD
NOV5RELEASE
●ジョン・ケージ
『ロリポップス〜25周年レトロスペクティヴ・コンサート』(3CD)

規格番号:
MSIG 1381-3

価格:
\4,200(税抜)
\4,620(税込)

バーコード:
4938167023722

ビートルズ、ジョン・ケイル、フランク・ザッパなど多くのロック・ミュージシャンたちにも多大な影響を与えた現代音楽界の巨人、ジョン・ケージ(1912〜1992)の彼自身が演奏に参加した代表作を収録した3枚組ボックス・セット。ディスク1、2(前半)は1958年5月15日、ニューヨークのタウンホールでジョン・ケージの活動25周年を記念して行われたコンサートを収録したライヴで「6つのショート・インヴェンション」(1934)、「ファースト・コンストラクション・イン・メタル」(1939)、「彼女は眠っている」(1943)、「プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード」(1945-48)、「カリヨンのための音楽第1番」(1952)、クラウトロックのルーツと言っても過言ではない電子音、ノイズのコラージュ「ウィリアムズ・ミックス」など20曲を、ディスク2後半は友人でもあった作曲家ルー・ハリソン(1917〜2003)との共作でガムランの要素を取り入れた「ダブル・ミュージック」(1941)、現代音楽の作曲家/ピアニスト、デイヴィッド・チューダー(1926年〜1996年)との共作で1959年に発表した二枚組LP『不確定性: インストゥルメンタルおよび電子音楽の新しい側面』の前半を、ディスク3は『不確定性』の後半を、そして彼の図形のような楽譜をレコード・プレイヤーのカートリッジを経由して音を拾い加工した「カートリッジ・ミュージック」(1960)、テープ・コラージュの傑作「フォンタナ・ミックス」(1958)を収録。ジョン・ケージと言えば無音の「4分33秒」や現代音楽=難解のイメージの筆頭に挙げられ敬遠されがちですが、この機会に多彩で時にはユーモラスな彼の音楽を経験されては如何でしょうか。解説: 丹美継。

「もし私の作品が受け入れられるようなら、私は作品が受け入れられないようなところまで進まなければいけない。」(ジョン・ケージ)

「もしジョン・ケージがいなかったら、現代音楽とモダン・アートで今起きていることの多くが不可能だったはずだ。」(フランク・ザッパ)