Nov 25th RELEASE.

CD

●ザ・フリー・デザイン
『バタフライ・アー・フリー〜オリジナル・レコーディングス1967-1972』(4CD)

規格番号:
MSIG 1422-25

価格:
\4,800(税抜)
\5,280(税込)

バーコード:
4938167023968

1990年代にコーネリアス、ベック、ステレオラブ、ハイ・ラマらが再評価したことで、ソフト・ロックを代表するアーティストとして名を馳せる事となったフリー・デザインが、1967年のデビューから解散する1972年までに発表した7枚のオリジナル・アルバム、『カイツ・アー・ファン』(67)、『ユー・クッド・ゴー・ボーン・アゲイン』(68)、『ヘヴン/アース』(69)、『シング・フォー・ヴェリー・インポータント・ピープル』(70)、『スターズ/タイム/バブルス/ラヴ』(70)、『ワン・バイ・ワン』(72)、『ゼアー・イズ・ア・ソング』(72)の全収録曲にモノ・ヴァージョンを含むシングル・ヴァージョン10曲、メンバーのエレン・デドリックが69年に発表したシングルの2曲に04年に発掘された未発表曲「トゥ・ア・ブラック・ボーイ」収録したファン待望の全部入りボックス・セット(過去のリイシュー盤に収録されていたライヴ音源と2,000年代に発表した再結成盤とリミックス・アルバムを除く)。
解説: 安田謙一。



●ジャッキー・デシャノン
『4クラシック・アルバムズ』(2CD)

規格番号:
MSIG 1426/7

価格:
\3,200(税抜)
\3,520(税込)

バーコード:
4938167023975

ジャッキー・デシャノンが1965〜68年に掛けて発表した初期の代表作4作、『イン・ザ・ウィンド』(65)、『アー・ユー・レディ・フォー・ディス』(66)、『ニュー・イメージ』(67)、『世界は愛を求めている』(68)を収録した2枚組CD。彼女が一躍注目されるきっかけとなった「ピンと針」が収録された『イン・ザ・ウィンド』は当時の邦題『フォーク・スタイル』が表す通りボブ・ディランの「風に吹かれて」「くよくよするなよ」「連れてってよ」、ピーター、ポール&マリーの「天使のハンマー」「パフ」「500マイル」などフォークの名曲のカヴァーなどを収録。フォーキーだった前作とはうって変わり『アー・ユー・レディ・フォー・ディス』ではバート・バカラックの「ウインドウズ・アンド・ドアーズ」「ソー・ロング・ジョニー」「トゥ・ウェイト・フォー・ラヴ」、ゴフィン&キングの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」、チップ・テイラーの「あなたと共に」などを取り上げポップ・シンガーとしての実力を見せつけた一枚。彼女の魅力の一つであるハスキー・ヴォイスから日本では『ハスキーの恋人』と題された『ニュー・イメージ』では同時代のソングライターの作品ではなくコール・ポーターの「夜も昼も」、アストラッド・ジルベルト「あなたと夜を」、エタ・ジェイムズ「ア・サンデー・カインド・オブ・ラヴ」などを取り上げ新境地を切り開いた意欲作。『世界は愛を求めている』は同名のシングルが大ヒットしたため企画されたベスト・アルバムでバカラック作の「世界は愛を…」「ア・ライフタイム・オブ・ロンリネス」、ボブ・クルー作の「ふたりの太陽」、ダスティ・スプリングフィールドでお馴染みの「この胸のときめきを」など12曲を収録。



●ハーマンズ・ハーミッツ
『4クラシック・アルバムズ』(2CD)

規格番号:
MSIG 1428/9

価格:
\3,200(税抜)
\3,520(税込)

バーコード:
4938167023982

ハーマンズ・ハーミッツのデビュー・アルバム『ハーマンズ・ハーミッツ』(65)、セカンド・アルバム『ボス・サイズ・オブ・ハーマンズ・ハーミッツ』(66)、サード・アルバム『ゼアズ・ア・カインド・オブ・ハッシュ』(67)、彼らが主演し、大ヒット曲「ミセス・ブラウンのお嬢さん」を主題歌にした映画『レッツ・ゴー! ハーマンズ・ハーミッツ』(68)のオリジナル・サウンドトラックを収録した2枚組CD。『ハーマンズ・ハーミッツ』は全英1位となった「ミセス・ブラウンのお嬢さん」、全米1位となった「ヘンリー8世君」、スキータ・デイヴィスの「この世の果てまで」のカヴァー、近年ではニック・ロウがカヴァーした「トラヴェリング・ライト」など12曲を、『ボス・サイズ・オブ…』は全米3位となった「リッスン・ピープル」、同じく9位となった「恋のランプ・ポスト」、P.F. スローンが彼らの映画『ホールド・オン!』のために書き下ろした「恋する君はどこに」など12曲を、『ゼアズ・ア・カインド・オブ・ハッシュ』は全米4位になった「見つめあう恋」、同じく5位になった「ダンディ」、スマッシュ・ヒットとなった「いつまでも二人で」「イースト・ウエスト」など11曲を、『レッツ・ゴー! ハーマンズ・ハーミッツ』は主題歌の「ミセス・ブラウンのお嬢さん」、グレアム・グールドマンが書下ろした「イッツ・ナイス・トゥ・ビー・アウト・イン・ザ・モーニング」「ウー、シーズ・ダン・イット・アゲイン」「レモン・アンド・ライム」「世界は若者たちのもの」など10曲を、それぞれ収録。