弘田三枝子(MICO)

1961年、東芝レコードからレコードデビューした弘田三枝子(愛称MICO)は、当時14才で、日本でのポップスクィーンの地位を確立した。敗戦後の日本で、アメリカンポップスの全盛期を支えた数少ない実力派歌手である。アメリカンポップスでのヒットは数十曲にのぼる。1965年7月には、日本人歌手(アジアの歌手)として初めて、アメリカの「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」に出場した。
彼女は小学校の2年生当時より、米軍の日本の駐留キャンプでジャズを歌っていた、その実力が評価されてのものである。ちなみに彼女は3日目のトリでビリー・テイラー・トリオをバックに歌い、前日のトリはカーメン・マクレエ、最終日のトリはキング・フランク・シナトラであった。MICOはこのフェスティバルで非常に重い扱いであったことがわかる。ちなみにこのフェスティバルに主演したミュージッシャンは以下の通り、スタン・ゲッツ、ジョン・コルトレーン、ウェス・モンゴメリー、デューク・エリントン…。当時のトップクラスのジャズ・ミュージッシャンは勢ぞろいであった。
1968年彼女自身初となる、R&Bのライブをアメリカ土産としてサンケイホールにて開く。ジャズ、ポップスに続きR&Bという新たなジャンルをものにし、日本でR&Bというジャンルを始めて定着させた。

1969年の「人形の家」で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞した。1970年には、「ミコのカロリーBOOK」を出版。当時は、まだこのようなダイエット本が珍しく、150万部を超える大ベストセラーになる。日本で「ダイエット」という言葉を始めて広めた。

またダイエット後もヒットをとばし、日本の国民的歌番組である、紅白歌合戦にも7回目の出場している。 ファッションやビューティーにも関心を持ち1970年度の日本ベスト・ドレッサー賞を受賞している。独特のヘアスタイル、衣装、メイクで当時のファッションリーダー的存在であった。 1973年にはブルガリア音楽祭に出場。その後も日本の音楽界で常にリーダー的存在であった。2006年、ジャマイカでSly & Robbieと初めてのレゲエを吹き込む。昨年は、新曲、「恋のクンビア21」をNY在住のDJ GOMIのリミックスにより、リリース。 今も変わらぬ容姿と歌声は、全く年齢を感じさせない、まさしく「アジアの奇跡」と呼んで差し支えの無い歌手であろう。

送料、お支払い方法について。ここに記載の価格は送料を含んだ税込価格です。別途送料はいただきません。
♪お支払いは郵便振替用紙にて下記口座へ最寄りの郵便局からお振込みください。
口座記号 00140−3−口座番号 363803
加入者名 ミュージックシーン株式会社
お支払い確認後発送させて頂きます。
振り込み手数料はお客様負担でお願い致します。
銀行振り込みでのお支払いをご希望の方は、ご注文のさいにコメント欄にその旨をお書き下さい。
ご注文は「購入する」ボタンをクリックしてお進み下さい。2タイトル以上のご注文の場合は、1タイトル目の「購入する」ボタンをクリックしてカートに入れたあとブラウザの「戻る」ボタンで再度2タイトル目の「購入する」ボタンをクリックして下さい。発売日が異なるタイトルをご注文の場合は、とくにご要望がない場合以外は発売順に順次発送いたします。


トップ・ページに戻る

収録曲
1.TEACH ME TONIGHT
2.ON A CLEAR DAY
3.SOMEONE TO WATCH OVER ME
4.BYE BYE BLACKBIRD
5.A WOMAN AM I
6.I'M IN THE MOOD FOR LOVE
7.CHATTANOOGA CHOO CHOO
8.STARDUST
9.THIS IS SWING

弘田三枝子/
ミコ・ジャズ・ライブ・イン・北九州

MSIL192
\2,530(税込)

  好評発売中
紙ジャケ仕様

1998年に自主制作盤の形で発売され(録音年は1997年)、ごく一部のファンにのみ販売されて、「幻の名盤」と長い間ファンの間で再発が望まれていた本作がプライス・ダウンして再登場。


収録曲
1. ヴァケーション(VACATION)
2. 子供じゃないの(DON'T TREAT ME LIKE A CHILD)
3. ひとつぶの真珠(MEMORY OF PEARL)
4. MEDLEY
(1)リトル・ミス・ロンリー(LITTLE MISS LONELY)
(2)夢のスウィート・ホーム(LOVE LAND)
5. 想い出の冬休み(I'M GONNA BE WARM THIS WINTER)
6. 悲しき片想い(YOU DON'T KNOW)
7. ワン・ボーイ(ONE BOY)
8. 渚のデイト(FOLLOW THE BOY)
9. 砂に消えた涙(UN BUCO NELLA SABBIA)
10. MEDLEY
(1)涙のドライヴ(LAST DRIVE)
(2)渚のうわさ(THE END OF SUMMER)
(3)枯葉のうわさ(BROKEN HEART WILL COME SOON)
11. 悲しきハート(LOCK YOUR HEART A WAY)
12. すてきな16才(HAPPY BIRTHDAY SWEET SIXTEEN)
13. 私のベイビー(BE MY BABY)Live Style With Super MICO BAND
14. 雪色のサンバ THE SNOW SAMBA
bonus track
15. 別離 WA・KA・RE
16. 思い出して PIENSA EN MI
17. 雪色のサンバ(Portuguese Version)SAMBA DE LA NIEVE

弘田三枝子/
MICO IS BACK

MSIL 107 
\1,050(税込)

  好評発売中
紙ジャケ仕様

1990年録音。このオリジナル・アルバムは、当時、所属事務所の「自主制作盤」として、弘田三枝子のコンサート会場でのみ限定販売されて、一般市販はされなかったため、現在、ネット・オークションなどでは高値で売買され、ファンの間では「幻の名盤」として、長い間再発が望まれていた。
今回、当時とほぼ同時期に限定発売されたCDシングルから「別離」、「思い出して」、「雪色のサンバ(ポルトガル語版)」の3曲をボーナス・トラックで収録。「思い出して」は数あるミコちゃんのアルバムでも、本作でしか聴けない貴重な曲。
再発にあたり、50時間にもおよぶ徹底的なリマスタリングが施された。このリマスタリングは、オリジナル・マスターを24ビットのデジタル・データとしてPro Toolsで細部にわたって手を加え、それをさらにアナログ真空管アンプを通して、アナログ的に自然に音圧を調整した「24ビット・デジタル&真空管アンプ・リマスター」。70年代の洋楽盤で培ったMSIが開発した独自の方法である。
弘田三枝子さん自身のご希望もあり、今回の再発にあたって、アート・ワークを一新し、未発表カラー写真満載の見開き紙ジャケ仕様(ブックレットはオール・カラー24ページ、カラー・ピクチャー・ディスク)での再発。
解説は、直木賞作家でNHK大河ドラマの原作でもお馴染みの高橋克彦氏による膨大な分量のライナーを掲載。